知っていますか?保育園と幼稚園の違い

>

保育園と幼稚園の違いってどんな点なんだろう?

目的も異なるの?

保育園の正式名称は保育所といい、所管省庁は厚生労働省で児童福祉法に則ります。
児童福祉法によると、日々保護者の委託を受けて、保育に欠けるその乳児又は幼児を子どもの年齢に合わせた保育を行い、基本的な生活習慣の指導から、健全な心身の発達を図ることを目的としています。基本的には生活面を中心としています。
幼稚園の管轄省庁は文部科学省で学校教育法に則ります。幼稚園は小学校に入る前の未就学児が通う教育機関となります。
自主性を尊重する園や、小学校入学に向け、教育に力を入れている園など、園によって様々な特徴が見られます。
幼稚園では学校教育法により、目的を「幼児を保育し、適当な環境を与えてその心身の発達を助長すること」とすることから、どちらかというと学習面を中心とした指導になります。

申し込み要件があるの?

保育園は児童福祉施設にあたり、保育ができない事情、つまり両親が働いていたり、病気や介護などのため家庭で保育できなかったり、産前産後であったりと様々な家庭内の事情により、「保育に欠ける子ども」がいる場合のことで、この要件を満たすときに限り保育園への入園を希望することができます。
ですので、無条件に保育園を利用することはできないんです。
保育園の申し込みには、地域によって細かい条件が定められており、それに基づき入園が判断されます。
幼稚園は小学校や中学校と同じ学校教育法に基づく教育施設にあたります。そのため幼児の発達に適した教育を受けさせたいと希望する人は、誰でも幼稚園入園を希望できます。
でも幼稚園は義務教育ではないので、幼稚園に入れずに家庭で過ごしても問題はありません。


この記事をシェアする